2008年03月18日

コミーリャス&ガウディの「エル・カプリチョ」







大きな地図で見る



 コミーリャス(Comillas)は、北スペインの小さな海辺の町だが、美しい自然の中に、素晴らしい建築物が集まっていることで、カンタブリアの村の中では最も有名。

 大西洋の波に洗われた断崖の上にあり、その後背地にある雪に覆われたピコス・デ・エウロパ(Picos de Europa)の姿に魅了させられる。

 中世の時代を通じ、コミーリャスは、漁港と牧畜、農業で営まれた小村であった。

 19世紀末に、コミーリャス出身の移民で、船会社で財産を築きあげたロペス(Don Antonio López y López)が戻った頃、キューバとスペインの関係悪化の際に貢献があったとして、コミーリャス侯爵とされて以降、町の建築物が一変した。

 コミーリャス侯爵は、1881〜90年、生家跡にソブレジャーノス宮殿(Palacio de Sobrellano)を建てたが、その建築は、カタロニア地方のアントニ・ガウディの師であるファン・マルトレール(Joan Martorell)に依頼された。隣には、公爵家のパンテオンも建てられた。また、侯爵の寄付による大学も建てられている。

 また、侯爵家の親戚は、ガウディに依頼して自宅を建築したが、これが有名なエル・カプリチョ(El Capricho de Gaudi)で、現在はレストランに。

 こうして、コミーリャス侯爵の登場によって、遠く離れたこの町に、カタロニア地方で当時流行した、ガウディの建築に代表される、カタロニア・モデルニスモ(Catalan Modernismo)が導入された。芸術家や職人が協力して、芸術作品として建物がデザインされたのが特徴。

    ここ、コミーリャスでは、ネオ・ゴシック、ネオ・アラブ、ネオ・ムデハルといった建築に、絵のような建築様式が採り入れられ、周辺では見られない美しさが特徴に。

 侯爵家が、アルフォンソ12世(在位:1875〜85年)を招いた際には、4つの別荘が使われた。その結果、貴族や富裕層がバカンスに訪れるようになった。

 1890年、聖職者の育成施設の創設のためのコミーリャス侯爵家の努力に応え、教皇レオ13世によって、San Antonio神学校がコミーリャスに創設された。

 19世紀末には、コミーリャスは、サンタンデールとともに、北スペインの夏季のリゾート地として有名に。



○コミーリャス(Comillas)

☆ 写真集

☆ 写真集

☆ 写真集

☆ 写真集

☆ www.comillas.es

☆ www.comillas.es 



○ピコス・デ・エウロパ(Picos de Europa)

☆ 写真集

☆ 写真集

☆ 写真集

☆ 写真集

☆ www.asturiaspicosdeeuropa.com

☆ www.iberianwildlife.com



ブログランキングに参加しています。
kaigai80_15.gifbnr11.gif80-15-1.gifbanner_04.gif




YouTube動画 その1
★Comillas Visión rápida de una Villa señorial


YouTube動画 その2
★Comillas 2007


YouTube動画 その3
★Comillas Capricho de Gaudí


YouTube動画 その4
★Comillas


YouTube動画 その5
★Picos de europa (Pais Llïonés)


YouTube動画 その6
★santillana - cuevas de altamira -cabuerniga -cantabria -spai (サンティリャーナ)


YouTube動画 その7
★españa-cantabria-liebana-picos de europa






posted by トラベラー at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。